--- スポンサーサイト ---

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--.--. --:-- | スポンサー広告 | | TB[-]

 

 

--- 歴史 -ラスプーチン- ---

前述の怪憎ラスプーチン。


今なお、彼については悪い話ばかり。


そんな彼の最期!
前述した内容にさらにプラスがあった!


彼は、ピストル4発打たれ、棍棒で頭を砕かれ川に投げられたが、
それでも息があった。。。
と書いた。
しかし!それ以前にさらに彼は
毒を盛られ、ひるんだ隙に短剣で刺され、窓から(恐らく4,5階はあったはず)落とされていたのだ!!!!


なんだこいつは!?
てか。
てか。
これが実在の人物だったってのがほんとすごい。
なにこの現実でのラスボスぶり!
本気で怖いよ、この人。


窓から落ちてなお死なない彼に銃弾4発、棍棒。
これでも死んでない彼は、まさしく神がかり的な人物だったようだ。


げんに、アレクセイ皇太子の病気を治したチカラというのも、いわゆる秘孔と呼ばれる不思議なチカラだったらしい。よくあるあのヒコウ。
どこで覚えたのだ、というのが歴史家の議論を呼ぶ点らしい。
祈祷を行って、そのヒコウとやらで病を治していたのだ。不可解。
彼自身は、修行僧をしていたというが、実際20代、どのような人生を送っていたのかは定かではない。


そんな彼の謎の期間にまでも思いっきりストーリーの重要な部分を占めさせる策士が開発チームにいるシャドハ。
それだけでなく、1のラスボスまでも普通にソコに絡んできているんだから、尋常じゃない。
地球が滅びそうになったあの1が、2の(しかも前半のみの)ほんの前フリだったという。。。何このスケール。
1で敵だったやつが、長いスパンで見たら実は味方だったとか、逆に味方だったやつが2では敵だったりとか。
脇役が2では主要キャラになってたりとか。


話がずれた。シャドハの話じゃなく、ラスプーチンの話だ。


あ、でももうラスプーチンは終わったわ。
いや一個だけあった。
研究家の一説によると、あの大統領のプーチンさんがラスプーチンの子孫じゃないかってなことだ。
おいおいー!ちょっと興奮するよっ。そんな楽しいこといわないでっ!


こういう歴史絡みのネタって、発売前にいろいろ想像してたら楽しめそうじゃないかい??
ということが本題だ。
夏に新作「シャドウハーツ フロム・ザ・ニューワールド」が出るそのときまでに、今度は手遅れにならないよう先に内容に絡んでくる歴史の数々を学び、予想しちゃおうという大胆なるこの企画。
さっき突然ひらめいたの。


個人的趣味まるだしだが、絶対楽しいと思う。
キーワードは「1929年」「アメリカ」だ。
何も学んでない現段階では世界大恐慌しか思い浮かばない。
知識のカケラもない!なさけなひっ!
また実在の人物がいっぱい出てくるヨカン。
2でも有名画家、劇作家、その他もろもろが出てきた。
ギャグで言えば「いっこくどう」の祖先がいたね。
1929年までに時代が近づけば、今を生きる有名な方まで出ちゃうかも?
生きていなくとも、僕でもおぉぅ、知っとる!と言えるような著名な人が登場する可能性は高い。
スポンサーサイト

2005.03.22.Tue. 02:51 | Diary | COMMENT[0]TB[0]

 

 

--- COMMENTS ---

 





 


 

 

--- TRACKBACK ---

 

http://easton.blog3.fc2.com/tb.php/102-3ff37e3b

この記事にトラックバックする(FC2BLOG USER ONLY)

 

 

 

 

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。